予防しないといけない理由|犬や猫に嫌がられない予防薬のアドボケートは人気!

予防しないといけない理由

コップと処方箋の袋

犬や猫が感染するフィラリア症と呼ばれる病気は、治療薬を用いることによって治療をすることは可能です。
それゆえに、そこまで血眼になって予防をしなくてもよいのでは?と考える人もいるかと思います。
そうした意見もあるでしょうが、実際には、そういうわけにもいきません。その理由についてここでは紹介していきましょう。

犬や猫が感染するフィラリアは、寄生虫の一つで犬や猫の体内に住み着くものになります。
寄生虫というのは非常に怖いもので、特にフィラリアに関しては寄生する場所がネックとなって治療が容易ではないのです。
フィラリアが寄生する場所というのは、心臓です。
そのため、寄生されてしまえば開腹手術で心臓を開き、寄生虫を取り除くといった手術が必要になります。
当然、開腹手術となれば、その手術に耐えうるほどの体力が必要になります。若い犬の場合はそうしたことに耐えることも可能でしょうが、年を取った犬や猫の場合はそうした手術に耐えうるほどの体力を持たない場合もあります。
そうなってしまえば、手術でフィラリアを取り除いてあげることはできません。
そこで考えるのが、治療薬の利用です。
そこまで成長していない場合には、治療薬を用いて体内の虫を殺し体外へ排出させるといったことも可能ではありますが、死んだフィラリアの死骸が血管に詰まってしまって急死してしまうといった可能性もあります。

このように寄生されてしまうと、治療することができなくなってしまうケースも少なくないのです。
しかし、適切に予防薬を投与して予防してあげると、そうした可能性を完全に排除することができます。特に予防薬を利用した予防では100%フィラリアを予防することができるようになっているので、確実です。

Copyright © 2017 犬や猫に嫌がられない予防薬のアドボケートは人気! .